神戸在住のフレンチブルドッグ・マルセルの毎日
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初外歩き
ここ最近の職場での年度末進行がやっと終わり、有休が取れた本日
マルセル君初のお外歩きとなりました。
先日のワクチン接種の際に獣医さんから、公園や河原でなければ徐々に歩かせて良いと
許可が出たので、昼間歩ける本日、決行です。
先週から室内でリードをつけて歩く練習をしていたので、リードそのものには抵抗は
ないとはいえ、初めて屋外で一人で立たされたら、さてどうなるか

車が多いところや、不特定多数の犬猫の集まる場所を避けてということですので
申し訳ないと思いつつ、近所にある豪華マンションの前の敷地を勝手にお借りして
いざマルセル君外歩きデビューです。

バッグの中でリードに付け替えて出してみる
さてどうするか?


なんだここ


やばいやばい


一安心

3秒でバッグに逆戻り。
こんなこともあろうかと、おやつ(ふやかしご飯)持参でしたので
今度はご飯で釣ってみるとなんとか出てきました

一度歩くと、安心したのか結構調子よく歩いてご機嫌な様子

母ちゃん、あっちになんかあるぞ!
そっちには行きませんよ

アスファルトにも下ろしてみた


トータルで5分ぐらいしか歩いてませんが、初めてにしては上々の滑り出し
明日から、家の前のきっつい坂自分で歩いてくれませんかね、坊ちゃん


〜おまけ〜
ペットブログのお約束?
桜とマルセル


この後すぐ桜の花に食いついた坊ちゃん
あわてて引き離したら、この顔

母ちゃん、鼻になんか付いたぞ!!
それは花粉です
何でも食べれば良いってもんじゃないっての
兄弟
マルセルにはもう一頭兄弟がいる
本当はもう一頭か二頭生まれたけれど、生きられなかったとブリーダーさんから聞いた。
今年のお正月明けに、パイドの子が産まれたと連絡があって、初めて会いにいった時
まだマルセルも兄弟も目が開いたばかりぐらいで、小さくて、犬の子の形ですらなかった。
私は二頭ともかわいくて小さくて、どっちにも決められないと思ったんだけど
夫がどうしてもこの子が良いとマルセルを選んだ。
うちの子が決まった瞬間だった。

うちに来る子が決まった後ももう一頭の子はどうなったのか、ずっと気になっていた。
せっかくこの世に一緒に産まれてきた兄弟、いつか大きくなったら会わせてやりたい。
そりゃ、人間みたいに兄弟に特別な感情はないのかもしれないけど。
けれど、兄弟君は関東に行くと聞いて、もう会えないと思った。

そうしたら、ひょんなことからマルセルの兄弟君のお家がみつかった
確かに関東で、大きいお兄ちゃんのいるお家に貰われていって楽しそうに暮らしている。
どきどきしながらブログにコメントをして、兄弟だとわかったときは
ネットがあってよかった、本当にそう思った。

兄弟発見記念の2ショット
確か生後2週間の頃
向かって左が兄弟君、右がマルセル


手前がマルセル、双葉マークがトレードマーク


マルセル、いつか兄弟と会おうね、そしていっぱい遊んでもらおうね。